水のいらない安心・長期保存可能な液体ミルクを日本の被災地へ送る支援活動をしています。Ready-to-feed milk for infants are water needless,safe,quick,and have a long-lasting shelf life.We are engaged in aid activities to send such milk to Japan.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*記事の日本文はこちらからお願いいたします*

Dear Facebook "Milk for Japan's Babies (MJB)"Campaign supporters:

Thank you always for your wonderful support for
the FB MJB Campaign. We'd like to give you an update
and make an important announcement.

As you are aware, the FB team has been in contact
with three major US formula companies in the last
couple of weeks to see if they would be willing
to provide a bulk discount of their ready-to-feed
formula products for us to send to Japanese disaster shelters.
After exchanging a number of correspondences with our
points of contact via phone, email, and fax, we have sadly
decided to end our attempts at systematically involving
the formula companies in our campaign.

Please note that it's not that the formula companies
do not want to help our cause. They do. But they can't.

One major issue is the existing legal constraint that
prohibits the importing, sales and manufacturing of
liquid formula in Japan. Given such legal context,
the formula companies are in no position to be able to
provide us any of their products--whether through
donation or discounted sales--on a systematic basis,
unless there is an official request from the Japanese
government or such international organizations as
the WHO. And there has been no such request from either
institution to date. Unless this major hurdle can be cleared,
none of the formula companies are in any position to be able
to take any part in our campaign.

The formula companies are aware of the 8,500 signatures
asking for their help in our cause and were very touched
with your actions to try to help the Japanese mothers and
babies but at this point, there are unable to help our cause
due to the legal issues.

Please be advised that we have also been in contact with a
number of other organizations and entities aside from
the formula companies since the inception of the FB
campaign--we'd like to refrain from detailing the specifics
given that we've had to utilize our personal and professional
contacts, but we've been in touch with many foundations,
retailers, airlines and NPOs soliciting institutional donations
and logistical assistance.
Unfortunately, none of these organizations are able to provide
any help at this point given the existing legal constraint in
Japan that prohibits the importing of RTF formula.

We have tried to explain to them that Finnish formula companies
have cooperated with a similar campaign in Finland and
that Finnish liquid formula has passed through customs multiple
times, but none of our US institutional contacts still could
offer any help for us given the legal constraint.
We believe such reservation may be rooted in a fundamental
sensitivity that exists in overall US-Japan trade relations and
have come to conclude that now is not the time to push the issue
any further.

As we are unable to garner systematic help, we have sadly
decided to end our negotiating efforts with the formula
companies and other US based organizations.However,
as you know, there is another group that has been working on
this issue from a different angle, by soliciting individual
level donations to send RTF formula to Japan with
the cooperation from a LA-based NPO, Stand Up for Japan (SFJ).
So, if you are still interested in this issue, please pledge
your support for the "Milk for Japan" (MFJ) campaign at:
http://milkforjapansbabies.blog.fc2.com/
The blog is currently in Japanese, but the entries are being
translated into English as we speak and the blog will be a
bilingual site soon.

You can make your individual contributions to their
formula fund at:
http://standupforjapan.jp/donation_en.php
When you write a check, please make sure to write "Milk for Japan"
in the memo line. In case of wire transfer or paypal payment,
please contact Stand Up for Japan at: standupforjapan@usa-ras.com
after you make your donation, notifying your name and indicating
your preference that the donation be directed for the formula fund.

Please note that your private information that you have provided
when signing the online petition at thepetitionsite.com
(managed by care2.com) will not be disclosed unless the law
requires care2.com to do so or unless you have specifically
opted to receive a third-party newsletter.

If you have any questions regarding this issue, please contact the
care2.com customer service at:
http://www.care2.com/help/support

We are very grateful for all your patience, encouragement and
support for our campaign on Facebook. We are especially thankful
for each and every one of your support to our efforts by signing
the petition and sending us very kind words of encouragement
over the course of the last few weeks.

Thank you very much for all your support!!
スポンサーサイト

[2011/04/28 12:33] | Team Facebook
トラックバック:(0) |
Facebook "Milk for Japan's Babies" キャンペーンの支援者の皆様へ

この度は皆さんにただならぬご協力・ご尽力をいただき、
誠に有難うございます。
企業への働きかけについて現在の状況報告をさせて
いただきたいと思います。

この数週間、FBチームは皆様からの署名を元にSimilac,
Enfamil および Gerber とアメリカの3大ミルクメーカー
に対し、割引購買の交渉を行なって参りました。
最終的に、先日それぞれの市民政策課のトップおよび広報ディレクター
と直接電話で話すところまでいきましたが、いずれも支援物資もバルク
購買への割引支援も対応できないとのことでした。

理由は、液体ミルクの支援要請が、日本政府および国際機関
(WHO等)から正式に出ていないことだそうです。
会社としては支援はしたいものの、液体ミルク自体が、
日本国内において輸入・製造・販売の法的根拠がないこと、
また、そうした中での支援においては、政府・国際機関から
正式な物資要請が出ていない限り動けないとのことです。
また、いくら支援物資とはいえ、日本国内で法的根拠がない
ものを企業として、日本へ送ることはリスクが大きく、これを
考えると組織的な協力は無理だとのことだと説明されました。

また、私たちFBチームはキャンペーンが立ち上がった
当初より、 液体ミルク会社のみならず、様々な財団・リテール業者・
米系航空会社、ロジスティクス会社等に対しても、組織的な寄付や
助成金および輸送面における援助を お願いしてきましたが、
いずれも法的な問題のため組織的な援助は無理だとのことでした。
(財団や、リテール業者、航空会社、ロジスティックス会社の社名
については、FBメンバーの仕事上、または個人的ネットワーク
からの問い合わせのため、申し訳ありませんが、詳細については
控えさせていただきます。)

いずれの企業、組織、団体などにも、私たちはフィンランド製の
液状ミルクが支援物資として何度も成田の税関を通関してきた点
について繰り返し説明しましたが、どこも法的なハードルがクリア
できない限り、やはり組織的な関与は無理だそうです。

このようにそれぞれの組織の担当者が、揃って同じことを口にするのは、
憶測ですが、やはり日米関係という特殊な関係が背景にあるのが
大きな要素なのではないかと思います。
いくら支援活動目的とはいえ、日本国内に液体ミルクを流通させる
法的根拠がないものをアメリカから日本へ空輸するということは
ひとつ間違えば米貿易摩擦問題へ発展しかねないこと、そして彼らが
組織的に動くことによって(それが販売であって、寄付でなくとも)
日本へ外圧運動をしかけているというようなパーセプションに
つながりかねない、という考えがあるのではないかと思われます。
そういう意味では米系企業にとってはリスクがあまりにも大きすぎるの
でしょう。
ここが日本・フィンランド関係との決定的な違いだと思われます。

よって、企業交渉については、おそらく、 私達ができることはここまで
ではないかと思いました。
署名が何かの力になればと思いましたが(各組織の担当者はものの数日
で8500名もの署名が集まったことに対して感嘆の声をあげていました)
やはり法的な問題がクリアにならない限り、今回の件については、
アメリカ各社は動きたくても、動けないようです。

しかしアメリカ企業の組織的な援助は無理なものの、皆さんもご存知
のとおりMIXI上で展開されている個人ベースの援助活動
"Milk for Japan (MFJ)"は、今も精力的に活動を続けており、
Stand Up for Japan (SFJ) というLAに拠点を置くNPOの協力の下
現在液状ミルク第一便の発送準備真っ只中です。
皆さんも、今後、この活動にご賛同いただけるのであれば、是非 MFJの
募金活動にご参加頂けたらと思っています。
MFJの公式ブログ(http://milkforjapansbabies.blog.fc2.com/
は今後英語でのエントリーも加えられていく予定です。

なお、MFJへの募金はSFJのサイト
(http://standupforjapan.jp/donation.php) にて行えます。
チェックでの募金の場合、メモ欄に"Milk for Japan" と書き加え
るのをお忘れないようにお願い致します。
また、銀行振り込みおよびペイパルでの募金の場合は振込みの後に
SFJ 宛にメールをして(standupforjapan@usa-ras.com )
送金の際の氏名・およびミルク基金への募金をされた旨お知らせ
くださいますよう宜しくお願い致します。

MFJのミルク基金についての詳細は以下のとおりです:
http://milkforjapansbabies.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

また、FBにて展開してきた thepetitionsite.com における
オンライン署名の件ですが、皆さんが署名の際に入力された個人情報が
悪用される危険性はございません。

thepetitionsite.comはcare2.comという米系組織によって
運営されておりますが、署名の際に実名を記入するのは連打投稿や
システムによる投稿を避けるためであって、第三者へ個人情報を提供
するためではありません。
ただし、口座開設の際第三者によるニュースレター等にサインアップ
された場合はこの限りではありません。
care2.dom および thepetitionsite.com における
個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは
http://www.care2.com/help/support までお願い致します。

今回の企業交渉の件に関しましては、皆様に多大なるご理解、
ご協力を賜りまして、誠に有難うございました。
----------
Facebookチームの活動に関しての問い合わせは画面左の問い合わせ
フォーム、もしくは以下メールアドレスまでお願いいたします。
Mail to:nextstepforjapan@gmail.com
-----------
Facebook "Milk for Japan's Babies" チーム一同


[2011/04/26 11:45] | Team Facebook
トラックバック:(0) |
液体ミルクを製造するアメリカメーカーへ
署名を提出し交渉をしております。

署名活動にご協力いただいた皆様ありがとうございました。

引き続きメーカーに対するディスカウント交渉をおこないます。

Similac社:
今日、グローバル政策課のVPと電話で話した結果、今後は本件は
Commercial Deptの方と交渉することになりました。

Enfanmil社:
ディスカウントの申し入れなどのEメールは届いているはずですので
今週、電話で問い合わせを行う予定です。

Nestle社:
連絡待ちとなっています。
13日アメリカ:Nestle社へディスカウントの申し入れ
レターを郵送致しました。

Team Facebook

[2011/04/14 23:55] | Team Facebook
トラックバック:(0) |
この度は皆さんにただならぬご支援・ご尽力をいただき
誠に有難うございます。
現在の状況報告をさせていただきたいと思います。

まず、署名活動に関してですが、 先週の後半署名が8500名
を超えた時点で一旦署名を締め切り、 シミラックの親会社
であるアボット本社へ署名が入ったCD- ROMを郵送致しました。

郵送先は本社のグローバル市民政策を統括する部署で
公共衛生政策、市民活動、環境運動等といった活動を
支援する部署だと思われ、 その部署のトップの一員宛
です。 私たちとしては迅速に対応してもらいたいために
メールでのやり取 りを希望したのですが、残念ながら本社広報課
のゲートキーパーからは「郵送のみで」 との指示が出ており、
広報課の方からは「時間がかかって申し訳ありません」
との返答は来ていますが、と同時に対応には時間がかかる
との連絡も入ってきております。

皆さんもご存知の通り、私たちとしては、
署名内容の性格上これまで「無償援助」 というオプションを念頭に置いて
活動を行ってきました。そして、 アメリカを代表する大企業と交渉を
するにあたってセンシティブな問題がいろいろとあり、 不必要に企業側を
刺激することを避けるために私たちなりにかなり慎重に動いてきました。

その結果皆さんに不信感を抱かせることになったのはとても
申し訳なく思っています。ただ、色々と動いた結果、
日本国内には液体ミルクを製造・輸入・販売する法整備が全く
整っていないため、 これ以上無償援助にこだわると時間だけが無駄に
過ぎてしまうという結論に達したため、 メーカーへの
無償援助の働きかけは一旦停止させることになりました。

今はミルクを一日でも早く現地に届けるために、 今後は
メーカーに掛け合って特別価格で卸してもらえないか交渉する
方向で動いています。これはやはり、 現地のNGOの方との
話にもあったのですが、一度無償援助してもらえたところで
継続性がなければ本当に現地の方のためには ならない、
ということもあります。

やはり継続的に物資を送れないような体制にしないと皆さんの
努力 ・熱意が無駄になりかねないからです。

また、 民間ベースの輸送方式にすることによってメーカー
としても動きや すくなるというメリットもあるかと思われます。
アボット社としてもミルクを被災地に送るという案に関しては
無碍に否定しているわけではなく、 やはり現時点では
法的なハードルがあまりにもありすぎて動きたくても動けない、
というのが現状ではないのではないかと思われます。

また、 民間ベースの援助活動にしていくことによって
私たちも情報公開が しやすくなり、皆さんとのコミュニケーション
ももっと円滑に行えるのではないの かと期待しております。

一日でも早くミルクを被災地に届けたい! という思いは皆一緒
だと思いますし、私たちも皆さんの熱意を無駄にしないように
ベストを尽くすつもり です。

どうぞよろしくお願い申し上げます

Facebook 'Milk for Japan's Babies' Teamより

こんにちは。

Facebookの'Milk for Japan's Babies'です。

このたびは、多くの方々に嘆願書へのご協力をいただき、
大変ありがとうございました。現在の状況をご報告申し上げます。

先週、5000名を超えた時点で、一度、嘆願書を取りまとめ、
シミラックの親会社であるアボッツ社へ請願書を郵送いたしました。
私達が署名を送るもっと前に個人でアボッツ社に物資支援を
問い合わせた方々のところへ、既に財団を通して300万ドルの
寄付をしているので、物資支援は現時点では考えていないという
回答が既に来ていることは、皆さんもよくご存じのことと思います。
ですので、嘆願書を提出したからと言って、すぐにアボッツ社が
YESと言って物資救援を始めてくれるわけではないということを
どうぞよくご理解ください。

今後はこの署名を元に、アボッツ社との交渉を徐々に始めて行く予定です。
私達の希望は、あくまでもアボッツ社、もしくは他の液体ミルクの会社に
液体ミルク現物の物資支援をしてもらうことです。
日本では合法的に液体ミルクを作る法律がないこと、最近スイスからの
液体ミルクの支援物資を日本政府が断ったことなど、このプロジェクトは
勧めて行くのにネガティブな要素もあり、そう簡単に行く交渉ではないと
想像します。でも、私達の願いは,皆さんと同じく、ただひとつ。

日本の被災地にいる赤ちゃん、お母さん達を一人でも多く救いたい
ということだけです。この気持ちをもとに、これからも全力で頑張る
所存ですので、今は、ぜひしばしこのプロジェクトの進捗を静かに
見守って頂けたらと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Facebook 'Milk for Japan's Babies' チーム

▽Milk for Japan's Babies:Facebook
http://www.facebook.com/login/setashome.php?ref=login#!/home.php?sk=group_108930039188534&ap=1


▽Petition for Formula Companies to Donate to Japan's Babies - The Petition Site
オンラインにて2分で嘆願ができます!ご協力ください
http://www.thepetitionsite.com/2/Feed-hungry-Japanese-Babies/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。