水のいらない安心・長期保存可能な液体ミルクを日本の被災地へ送る支援活動をしています。Ready-to-feed milk for infants are water needless,safe,quick,and have a long-lasting shelf life.We are engaged in aid activities to send such milk to Japan.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebook "Milk for Japan's Babies" キャンペーンの支援者の皆様へ

この度は皆さんにただならぬご協力・ご尽力をいただき、
誠に有難うございます。
企業への働きかけについて現在の状況報告をさせて
いただきたいと思います。

この数週間、FBチームは皆様からの署名を元にSimilac,
Enfamil および Gerber とアメリカの3大ミルクメーカー
に対し、割引購買の交渉を行なって参りました。
最終的に、先日それぞれの市民政策課のトップおよび広報ディレクター
と直接電話で話すところまでいきましたが、いずれも支援物資もバルク
購買への割引支援も対応できないとのことでした。

理由は、液体ミルクの支援要請が、日本政府および国際機関
(WHO等)から正式に出ていないことだそうです。
会社としては支援はしたいものの、液体ミルク自体が、
日本国内において輸入・製造・販売の法的根拠がないこと、
また、そうした中での支援においては、政府・国際機関から
正式な物資要請が出ていない限り動けないとのことです。
また、いくら支援物資とはいえ、日本国内で法的根拠がない
ものを企業として、日本へ送ることはリスクが大きく、これを
考えると組織的な協力は無理だとのことだと説明されました。

また、私たちFBチームはキャンペーンが立ち上がった
当初より、 液体ミルク会社のみならず、様々な財団・リテール業者・
米系航空会社、ロジスティクス会社等に対しても、組織的な寄付や
助成金および輸送面における援助を お願いしてきましたが、
いずれも法的な問題のため組織的な援助は無理だとのことでした。
(財団や、リテール業者、航空会社、ロジスティックス会社の社名
については、FBメンバーの仕事上、または個人的ネットワーク
からの問い合わせのため、申し訳ありませんが、詳細については
控えさせていただきます。)

いずれの企業、組織、団体などにも、私たちはフィンランド製の
液状ミルクが支援物資として何度も成田の税関を通関してきた点
について繰り返し説明しましたが、どこも法的なハードルがクリア
できない限り、やはり組織的な関与は無理だそうです。

このようにそれぞれの組織の担当者が、揃って同じことを口にするのは、
憶測ですが、やはり日米関係という特殊な関係が背景にあるのが
大きな要素なのではないかと思います。
いくら支援活動目的とはいえ、日本国内に液体ミルクを流通させる
法的根拠がないものをアメリカから日本へ空輸するということは
ひとつ間違えば米貿易摩擦問題へ発展しかねないこと、そして彼らが
組織的に動くことによって(それが販売であって、寄付でなくとも)
日本へ外圧運動をしかけているというようなパーセプションに
つながりかねない、という考えがあるのではないかと思われます。
そういう意味では米系企業にとってはリスクがあまりにも大きすぎるの
でしょう。
ここが日本・フィンランド関係との決定的な違いだと思われます。

よって、企業交渉については、おそらく、 私達ができることはここまで
ではないかと思いました。
署名が何かの力になればと思いましたが(各組織の担当者はものの数日
で8500名もの署名が集まったことに対して感嘆の声をあげていました)
やはり法的な問題がクリアにならない限り、今回の件については、
アメリカ各社は動きたくても、動けないようです。

しかしアメリカ企業の組織的な援助は無理なものの、皆さんもご存知
のとおりMIXI上で展開されている個人ベースの援助活動
"Milk for Japan (MFJ)"は、今も精力的に活動を続けており、
Stand Up for Japan (SFJ) というLAに拠点を置くNPOの協力の下
現在液状ミルク第一便の発送準備真っ只中です。
皆さんも、今後、この活動にご賛同いただけるのであれば、是非 MFJの
募金活動にご参加頂けたらと思っています。
MFJの公式ブログ(http://milkforjapansbabies.blog.fc2.com/
は今後英語でのエントリーも加えられていく予定です。

なお、MFJへの募金はSFJのサイト
(http://standupforjapan.jp/donation.php) にて行えます。
チェックでの募金の場合、メモ欄に"Milk for Japan" と書き加え
るのをお忘れないようにお願い致します。
また、銀行振り込みおよびペイパルでの募金の場合は振込みの後に
SFJ 宛にメールをして(standupforjapan@usa-ras.com )
送金の際の氏名・およびミルク基金への募金をされた旨お知らせ
くださいますよう宜しくお願い致します。

MFJのミルク基金についての詳細は以下のとおりです:
http://milkforjapansbabies.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

また、FBにて展開してきた thepetitionsite.com における
オンライン署名の件ですが、皆さんが署名の際に入力された個人情報が
悪用される危険性はございません。

thepetitionsite.comはcare2.comという米系組織によって
運営されておりますが、署名の際に実名を記入するのは連打投稿や
システムによる投稿を避けるためであって、第三者へ個人情報を提供
するためではありません。
ただし、口座開設の際第三者によるニュースレター等にサインアップ
された場合はこの限りではありません。
care2.dom および thepetitionsite.com における
個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは
http://www.care2.com/help/support までお願い致します。

今回の企業交渉の件に関しましては、皆様に多大なるご理解、
ご協力を賜りまして、誠に有難うございました。
----------
Facebookチームの活動に関しての問い合わせは画面左の問い合わせ
フォーム、もしくは以下メールアドレスまでお願いいたします。
Mail to:nextstepforjapan@gmail.com
-----------
Facebook "Milk for Japan's Babies" チーム一同


[2011/04/26 11:45] | Team Facebook
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。