水のいらない安心・長期保存可能な液体ミルクを日本の被災地へ送る支援活動をしています。Ready-to-feed milk for infants are water needless,safe,quick,and have a long-lasting shelf life.We are engaged in aid activities to send such milk to Japan.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*This article is Japanes only. Click here to see in English.*

みなさん はじめまして。

被災地ではないのですが、私が住む横須賀では、
米軍基地内で『乳幼児用液体ミルク』が販売されています。
実際に購入して、この"液体ミルク"を知らない日本人のママ友
に話をしたところ、非常に興味を持ってくれたので、
試しに使ってもらってみました。

Similac.jpg

<<ママ友の感想>>

① 外出時に持ち歩く荷物が減る。
(通常、調乳用に"お湯"と"粉状 or キューブタイプのミルク"と
"哺乳瓶"が必要ですが、このアメリカの液体ミルクだと、
調乳不要なので、液体ミルクの入ったボトルと乳首だけでOK。)
② 調乳する時間が無い分、赤ちゃんを待たせないで済む。
(ボトルを開けて乳首をつけて準備完了。)
③ ②の理由から、赤ちゃんが泣いたりグズったりする時間が
短いので、公共の場など、他の人に迷惑をかけなくて済む。
④ 夜間の授乳時や、疲れている時に、お母さんが楽。
(調乳に慣れていない男性も簡単に手伝える。)
⑤ 常温保存が可能で、保存可能期間も長いので、非常時に持ち出す物
として加えたい。(再び、強い余震などでライフラインに影響が出たと
しても、赤ちゃんのミルクだけは、この液体ミルクがあれば、困らない。)

☆一番、注目すべきなのは⑤の意見です。

今は、もう一見 必要が無さそうに思えても、強い余震などで、
再びライフラインに影響が出た時には、確実に必要になると思います。
なので、『今は粉ミルクも足りているし、水も有るので大丈夫』
という返事の避難所へは、『緊急時用のストックとして…』
とも薦められると思いました。

Similac_2


因みに、私は日本で子供を育てていますが、下の娘(現在19ヶ月)
は、アメリカのミルクも、日本のミルクも両方 飲んで育ちました。
今まで、ほとんど病院にお世話になった事が有りません
(風邪で2~3回くらいかな)。

健康面でも、心配ありません。むしろ元気過ぎるくらい。
身長・体重は現在3歳くらいのサイズです。
毎日 元気に公園で走り回って遊んでいます。
『液体ミルク』は日本に無い物だし、外国の物だから、成分など
心配も有るだろうとは思いますが、私は自分の子供をみている限り、
そのような不安を感じません。(^-^)

Team Mixi ☆MAKOTO☆より

[2011/05/05 12:14] | 液体ミルクのニーズについて
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。