水のいらない安心・長期保存可能な液体ミルクを日本の被災地へ送る支援活動をしています。Ready-to-feed milk for infants are water needless,safe,quick,and have a long-lasting shelf life.We are engaged in aid activities to send such milk to Japan.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*This article is Japanese only.
English version will be released soon.*

みなさんこんにちは。

MFJ+SFJ

LAメンバー ASAMIさんが昨日、Stand Up for Japan(SFJ)様の倉庫に
お邪魔し、既に到着したアメリカ製液体ミルク『Similac』(シミラック)の
取り扱い説明書と成分表の貼り付け作業をSFJ様スタッフと共に行いました。
*成分表は私達のメンバーの管理栄養士さんが作成してくださいました。

HowtouseSimilac_Nutrition

第一便に私達が発送する製品は、アメリカ国内にて広く流通している
Abbott社製『Similac』という製品です。
ミルク製品に対するアレルギーを持つお子様のことも考え2種類の
液体ミルク、そして使い捨てのニップルを同数発送する予定です。

SFJ_warehouse

第一便のミルクと使い捨てニップルは、SFJ様が既にお持ちの義援金
から購入してくださいました。

購入製品が到着次第、日本貨物航空様の全面協力により、無償にて
空輸され 陸前高田市災害対策本部 へと運ばれます。
------
NCA:日本貨物航空株式会社様
東北地方太平洋沖地震への救援物資の無償輸送実施期間延長について
http://www.nca.aero/news_20110413.html
------
SFJ_warehouse_2

今回の作業には、次女のお子様もお手伝いしてくださいました。

SFJ_warehouse_4

多くの方のご協力、本当にありがとうございます。

管理人より
(Team LA ASAMI)

[2011/05/12 07:17] | Team Mixi
トラックバック:(0) |
*This article is Japanese only.
English version will be released soon.*

みなさん こんにちは。

LAチームでは、第2便に向けたミルク購入資金のための
募金活動を行うことになりました。

【募金活動のお知らせ】

■日時:5月14日(土曜日)・15日(日曜日) 11:00~17:00
■場所:MARUKAI Gardena本店(Western × Artesia)

【ボランティアのお願い】

私たちと一緒にボランティアしていただける方を募集しています。
募金活動は、2時間交代となっております。
店頭には随時2人から3人が立つ予定です。
私達と共に募金活動にご協力していただけたら幸いです。
参加できるかたは、左側メールフォームよりご連絡ください。

MFJでは液体ミルク発送第2便に向けて、皆様からの
ご協力を必要としています。

また、サウスベイエリアに住む皆様は、私どもの募金活動に関し、
ブログ・Twitter等をはじめとした媒体にて拡散いただけたら光栄です。

ご理解・ご協力くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

Milk for Japan LAチーム

[2011/05/06 11:10] | Team Mixi
トラックバック:(0) |
*こちらの記事の日本語はこちら*

Hello everyone.
In the city of Yokosuka, where I live, I am able to purchase
ready-to- feed-milk in the U.S. military base.
When my Japanese friend heard about the product, she was so
interested, that I gave her some for her baby to try.
Here’s what she had to say:

Similac.jpg

(A) It takes a load off of your backpack when you’re outing
with your baby.
When using conventional powder milk, you would be carrying
(1) boiled & cooled water
(2) powder or cube-type milk
(3) bottle & nipple, whereas for the ready-to-feed-milk,
you only need the product and a nipple.
(B) Saves time for mixing, which means less waiting time for
the hungry baby.
(C) Less waiting time means less crying, so less hassle in public
places etc.
(D) Less work for mommy in the middle of the night or when
she’s tired. Daddy can easily feed the baby, too.
(E) It has a long shelf life at normal temperature, making
it reliable in emergency circumstances.
(In cases of earthquakes which may affect our lifelines,
we can rely on this for our babies)

I think (E) is the most important point she had to make.
There are still possibilities of big earthquakes, and
when/if the lifelines are affected, this product will be
needed for sure.
For those shelters who say that they have enough supply of
powder milk and water for now,
they should consider stocking this for emergency purposes.

Similac_2

I am raising my children in Japan now, and my daughter
(19 months now) grew up on both Japanese and American milk.
She has rarely been sick, and is healthy as she can be.
Since the ready-to-feed-milk is an unknown product to the
Japanese care-takers, and because it’s a foreign product,
I can understand the parents’ concern (ingredients etc.) ,
but I can assure you that my child is really healthy and
I have no worries in recommending this product.(^-^)

Team Mixi ☆MAKOTO☆

[2011/05/05 14:30] | Team Mixi
トラックバック:(0) |
みなさん こんにちは。
液体ミルクの体験談についてお話させていただきます。

2007年に長女が生まれたマンハッタンの病院では、
先ず出産してすぐに「完母で行くか、混合で行くか?」と聞かれました。
と、言うのも母娘同室ではないので、完母で行く場合は夜中の場合でも、
赤ちゃんが泣く+授乳の時間になるとお母さんが呼ばれるのです。
私は「日中は母乳で頑張りたいので、夜中はそちら(新生児室)
でお願いします。」

と言う事で、夜中はナースが液体ミルクを与えてくれていたんです。

Formula_1

↑は病院でもらってきたフォーミュラ。
既に出来上がったミルクの入ったボトル。
使い捨ての乳首を取り付けるだけで、すぐあげられます。
母と妹(2児の母)にメッセンジャーで見せて説明したら、
「そんな(温度が)冷たいのん飲むん?」って聞かれましたけど
娘は飲んでましたよ、しっかり

長女は結局半日後に退院となりました。
病院からは、この2-fl-ozの液体ミルクを10本くらい貰えました。

黄疸の数値が退院していいレベルになったとはいえ、
まだ長女は黄色い顔をしていました。
ご存知のように母乳と言うのは最初簡単には出てきません。
そこで足りてないなと思った時や、
夜中に夫が代わりに授乳してくれると言った時に、
液体ミルクをあげていました。

その後、母乳もよく出たのでこの液体ミルクをあげたのは、
生後2週間までと当時のブログには書いています。

ただ、その後も時々液体ミルクを使ったりしてたんですが、
ミルクアレルギーの疑いがあり、小児科医から
大豆油来のものに変えてみたらどうかという指導があり、
大豆油来のミルクに変更しました。
これが生後7、8ヶ月の頃だったと思います。

Formula_2

これは以前大豆油来ミルクについて書いた、
アメリカ→日本のフライト記事からの抜粋です。↓
--------
実は娘がミルクアレルギーの疑いがあって、
ずーっと母乳以外はこれ飲んでたんね。
この8-fl-ozのボトルを機内に4本持ち込みましてん。
ニップルはSimilacのがなかったんで、
Dr.Brownのスタンダードサイズ
(パッキンと変な空気抜き付きやと、ぴったり合います)
を4つ持ち込み。
めっちゃ便利ですよー。ちなみに実際に飲んだんは3本。
--------
このフライトは長女の1歳の誕生日の9日後でした。
実はこの液体ミルクには0ヶ月~12ヶ月と表示されています。
ですが、ミルクアレルギーの疑いのある長女には
大豆油来のフォローアップミルクのようなものがみつからなかった
ので、 1歳を過ぎてもしばらくはこれを飲んでいました。
(ちなみに卒乳は1歳3ヶ月になる直前です。)

Formula_3

と、長くなってしまいましたが私の体験談を書いてみました。
液体ミルクは単価が高いので常に利用している方は少ないと思います。
私も利用した時と言うのは、外出や旅行中、夫に子守を頼んだ時などです。
日本の母や妹のように、常温のミルクを赤ちゃんが飲むのか?と
思ってらっしゃる日本の方も多いかと思います。
赤ちゃんも、最初はびっくりするかもしれません。
でも、きっと慣れだと思うんです。
そして何より使い切りと言うのは、衛生的です。

水がなくても、消毒できなくても赤ちゃんにミルクがあげられるのは
いま被災されているお母さん、赤ちゃんに喜んでもらえると。
そう思っています。

Team Mixi gabinより

[2011/04/22 11:03] | Team Mixi
トラックバック:(0) |
ブログへお越しの皆様へ

私どもの活動がフィンランドの活動を取材している記者様の
協力のもと、記事として公開されましたのでお知らせします。

【WEBトピックス】「被災地へミルクを」米国にも飛び火
2011.4.18 13:05 (1/2ページ)
「SANKEI EXPRESS」
http://t.co/5O2Hw9g
「Iza」
http://bit.ly/ii9Uv3
-------------------------
東日本大震災の被災者に北欧フィンランド在住の日本人ママが
ツイッターを駆使して「乳児用液体ミルク」を届けたことが
話題になったが、アメリカでも同様の動きが始まっている。

きっかけは、米テキサス州在住の日本人女性、愛ネスターさんが
ツイッターでフィンランドママの活躍を知ったこと。
ミクシィ、フェイスブック、ツイッターと活動が広がり、
署名サイトで8000人以上の賛同を得た。

ネスターさんは、「Milk for Japan」の公式サイトを開設。
カナダ、イギリス、メキシコなどから500人以上が参加するまでになった。

アメリカの被災者支援プロジェクト
「Stand Up For Japan」とも連携。
募金でミルク1万個を購入し、被災地へ送るための準備を進めている。

*記事をそのまま転載しています
-------------------------
産経新聞様、フィンランドチームの皆様
ありがとうございました。
この場をお借りしメンバー一同御礼申し上げます。
-------------------------

管理人より

[2011/04/21 03:30] | Team Mixi
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。